ADPKD多発性嚢胞腎からの透析ブログ

身内に誰もいないのに多発性嚢胞腎(ADPKD)を発症し、さらにクモ膜下出血も発症。サムスカを使うも2017年ついに人工透析が始まった40代おっさんのブログ。

透析を受けるという決断

calendar

reload

スポンサーリンク

透析を受けるという決断

今日の診察で

かかりつけ医に年明け早々に透析を受けたいという話をした。

 

夕方になる頃には、異常なだるさを感じてきた。

休日は疲れが取れずに寝ている時間の方が長い。

 

もう少し頑張れそうな気もするが

数か月も延ばせそうな気もしない。

仮に数か月延ばせたところで

2月、3月の年度末の忙しい時期に

導入のための入院ということになったら

それはそれで会社に迷惑がかかる。

2002年に多発性嚢胞腎と診断され、いずれは人工透析と言われて15年。

ここら辺が潮時だと思う。

この記事をシェアする