レグパラ錠の処方

レグパラ錠の処方

先週言われた副甲状腺ホルモンの増加に対してレバグラ錠という薬が火曜日に処方された。
お薬手帳に貼られた説明の効能効果欄を見ると『副甲状腺ホルモンを抑えて血中の副甲状腺ホルモンやカルシウムの値を低下させます』と書かれていて、意事項の欄には『低カルシウム血症がおこることがあります。吐気、胃の不快感、腹部膨満感、等が現れることがあります』と書かれていた。

幸いにもこの薬を飲み始めて5日ほど経ったが特に変わった症状は出なかったことは非常にありがたかった。

人工透析 10週目(29~31回目)

現状ではまだ書くことができないが、ある症状に悩まされていて透析のことの記憶がほとんどない。

症状の改善や何らかの結論がでればここでも記録として書いていきたいと思うが、透析が始まると想像もしない様々なことが起こって退屈しない(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする