ADPKD多発性嚢胞腎からの透析ブログ

身内に誰もいないのに多発性嚢胞腎(ADPKD)を発症し、さらにクモ膜下出血も発症。サムスカを使うも2017年ついに人工透析が始まった40代おっさんのブログ。

上腕穿刺部の痒みが止まらない

calendar

人工透析 31週目(92~94回目)

先週から返血側の穿刺が上腕に変更されたが、穿刺跡の痒みが止まらないようになってきた。

病院側も穿刺針の消毒で痒みが出たりすることがあり、針を変えると治まる場合があるということで穿刺針の種類を変えてみてはくれたが痒みは治まらなかった。

結局、以前処方されたデルモゾールGという皮膚の炎症に対する薬を塗って様子をみるということになったが、この軟膏は今回の痒みにはあまり効果が無いように思う。

透析中の過ごし方

透析中の時間の過ごし方として、『寝る』と『読書』に続く第三の方法として『ゲーム』を導入してみようと思い、ドラゴンクエストXIニンテンドー2DSはぐれメタルエディション)を買ってみた。

ドラゴンクエストXIとニンテンドー2DS(はぐれメタルエディション)ゲーム機本体を買ったのは、多分社会人になって買った初代PlayStation以来で20数年ぶりになるかと思う。

充電器が別売りで附属していなかったなどの多少のトラブルがありつつも、設定を終わらせて穿刺をしていない右手だけで遊べるかを確認してみると...

 

やはりちょっと無理がある...(笑)。

 

ただ、今までのように返血側の穿刺を関節部にしていた場合、腕を曲げるとコンソールから圧力異常の警報が鳴ってあまり曲げることが出来なかったが、上腕に変わったことで肘を曲げれて両手で出来るかもしれない。

また、40歳半ばのおっさんがスマホゲームならまだしも、ゲーム機を持ち込んでまでゲームをしてる姿を病院スタッフには見られたくはないという気持ちもある...。