ADPKD多発性嚢胞腎からの透析ブログ

身内に誰もいないのに多発性嚢胞腎(ADPKD)を発症し、さらにクモ膜下出血も発症。サムスカを使うも2017年ついに人工透析が始まった40代おっさんのブログ。

話がずれとるわ!

calendar

reload

スポンサーリンク

人工透析 38週目(113~115回目)

先々週からひどくなってきた『痒み』がさらに広範囲にわたって出るようになってきた。

土曜日の透析で回診の先生がたまたま主治医だったので(ちょっと大げさに)痒みのことを伝えると、パソコンの画面を少し眺めてから『血液検査の結果を見る限り、透析不足による痒みとは考えにくい』とのことだった。

『保湿の薬を出しておこうか?』と聞かれたので、

「塗薬じゃあ、夜中に背中が痒くなっても一人じゃ塗れんですもんね」と答えると、

少しを間を置いて『(薬を塗ってくれる)嫁さんを探したら』と言い出した。

私は爆笑してから

「仮に結婚していても、夜中に起こして薬を塗ってくれるとは限らんですよね?」と聞き返すと

『それはこちら(病院側)の問題やないもんなぁ』と答える先生。

 

確かに…

 

って、先生、話がずれとるわ!

 

「痒みが出らんようにしてくれんやろうか」って話なんやけど!(笑)

 

この記事をシェアする