ADPKD多発性嚢胞腎からの透析ブログ

身内に誰もいないのに多発性嚢胞腎(ADPKD)を発症し、さらにクモ膜下出血も発症。サムスカを使うも2017年ついに人工透析が始まった40代おっさんのブログ。

頭部MRI終了

calendar

頭部MRI

月曜日は脳神経外科の一年検診があり、頭部MRIの撮影をしてきた。

これでクモ膜下出血発症以来4回目の検診になり、結果的には全く問題ないとのことだったが、この時期が近付くと新しい動脈瘤が出来ていたらどうしよう』『新しい動脈瘤が出来ていませんようにとかなり憂鬱になる。

特にMRIの撮影をしている20分の間にはその思いがピークに達っし、撮影後診察室に呼ばれるまでの時間の記憶がほとんど残っていない(笑)。

腹部CT

火曜日に血尿がまだ完全には止まらず、少し痛みがあることを透析クリニックで伝えると、腹部CTの撮影を受けに行くように勧められ、別病院での予約をいれてもらった。

皮膚科 経過観察

水曜日は皮膚科の診察があり、アレグラ服用後すぐに痒みが無くなったことを伝えると、とりあえず後1か月は続けてみるという結論になった。

ちなみに今回は9:30分からの予約で、少し早く着いたので、受付を終わらせてまっていると9:20頃に呼ばれて、9:30には診察が終わっていたという、先週の2時間半の待ち時間はなんだったんだというぐらいすんなり終わった。

人工透析 41週目(122~124回目)

今週は金曜日以外の全ての午前中が透析や多病院の診察などでつぶれた。

なんなら、金曜日に腹部CTを撮りに行くかという話にもなりかけた。

当然、透析クリニック以外で診察や検査を受ける場合は透析日を外した形になるのは仕方のないことだが、仕事を続けていく上でこういったことが続くとやはり業務に支障がでてくるだろう。

今回はたまたま仕事量がいつもより少なくてなんとか業務を終わらせることができたが…