ADPKD多発性嚢胞腎からの透析ブログ

身内に誰もいないのに多発性嚢胞腎(ADPKD)を発症し、さらにクモ膜下出血も発症。サムスカを使うも2017年ついに人工透析が始まった40代おっさんのブログ。

ドライウェイト+2.0㎏で透析へ

calendar

人工透析 46週目(137~139回目)の日曜日。あるイベントへ参加した帰りに、途中下車して同級生と一杯やって帰ってきた。

280円居酒屋というものに初めて入ったが、もつ鍋なんかもあって(均一価格対象外で860円だったが)、非常に楽しく飲むことが出来た。

そろそろ周りで忘年会の話が聞こえてくる時期で、いくつか案内が回ってきたがすべて金曜日のため、翌日土曜日の透析中の尿意のことを考えてすべて断っている。

がっ、やはり心の底では非常にうらやましく思っている自分がいる。

そんなこともあり、翌日に透析も無く、イベントも楽しかったこと手伝ってか、テンションが高くなって少し(というかかなり)飲みすぎた。

月曜日は二日酔いや塩分を取りすぎたせいあってか、異様にのどが渇き、大量の飲水を経て、火曜日はドライウェイト+2.0㎏という状態での透析となった。

まだ尿量もあり、透析前日はトイレのこともあって水分摂取量をどちらかといえば控えているのでドライウェイトを下回ることや、多くてもドライウェイト+1キロぐらいだったで、+2㎏の数字を見て看護師さんから「心当たりがありますか?」と聞かれたりした。

「心当たりしかありません(笑)」と答えて暴飲暴食したことを伝え、いつものように火曜日、木曜日は除水せずに、土曜日だけDWからプラス分(0.8㎏)だけ除水してもらった。

去年の今頃のことを思い返すと体調的にも非常にきつく、透析をいつから受けようかと迷っていて、精神的にもしんどい時期だった。

あの頃のことを思えば、行きたいイベントに行けて、お酒が飲めるというような状況は透析のおかげでできるようになったと言えるのだろう。