手術後1日目-シャント造設術④

9/7 入院3日目(手術後1日目)

夜勤の看護士さんがシャントの状況を確認に来るので何度か目を覚ますも、比較的ゆっくり寝れてからの起床。

術部以外の部分に痛みを感じたが、痛みどめが必要なほどではなく、出血も止まった様子。

夕方に流量確認の検査があり、上腕の血管にエコーを当てられ、十分の流量が確保されていて問題はないとのこと。

担当医から術部の縫合に糸を使ってないので抜糸は無いと聞かされていたが、日勤の看護士さんが「後日、抜糸の時に...」と話しだしたので「抜糸は無いと聞いているんですが」と言うと、ちょっときょとんとした表情で確認しますと部屋を出て行った。

結果的には抜糸は無いということだったが、今度は交代した夜勤の看護士さんが「後日、抜糸の時に...」と同じことを言いだした。

「先生から抜糸は無いと聞かされてますが...」と言うと、変な間があって「あぁ、そうなんですね~」と微妙な返事。

「私と同じような抜糸の無い患者さんって今迄おらんやったの?」と冗談半分に聞くと「いやぁ...いたと思います」とさらに微妙な返事。

...

不安になるんですけど...(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする